就寝環境作りA寝室の雰囲気・デザイン

就寝環境作りA寝室の雰囲気・デザイン

就寝環境作りA寝室の雰囲気・デザイン

視覚も、睡眠に影響することがあります。部屋の雰囲気は人それぞれ好みがあると思いますが、壁紙の色やカーテン、家具の色はどのようなカラーを使っていますか?

 

リラックスできる色としては、緑・ベージュ・ブラウンなどがおすすめです。反対にカラフルな色合いの寝室では、それがリラックスを妨げてしまうことがあるので、寝室は落ちついた色合いに統一するとよいでしょう。

 

緑を壁紙にするのは難しいですが、観葉植物などでも構いません。また、視覚だけでなく嗅覚も、睡眠に関係していると言います。リラックス効果のあるグッズとして、「アロマ」が人気ですよね。

 

実際、アロマテラピーにはリラックス効果があり、寝る前にアロマテラピーを楽しむと脳の興奮が落ち着いて寝付きやすくなると言います。香りによっては興奮を呼び起こすものもあるので、カモミールなど、リラックス作用のあるアロマを使ってみてください。