幼少期の生活環境・行動による不眠症

幼少期の生活環境・行動による不眠症

幼少期の生活環境・行動による不眠症

大人になり社会に出るとストレスと向き合うことになります。その影響から不眠になる人も多く、一般的にストレスが原因と思い込む方も少なくありませんが、原因はストレスとは限りません。あまり知られていないもので言うと、幼少期の生活環境や行動が不眠症を招くことがあります。

 

たとえば、幼少期に眠る時間がまばらで、夜遅く寝たり朝遅く起きるなどの生活を送ってしまっていると、それが災いし、大人になって不眠症になることがあります。

 

また、明るい場所での睡眠も影響を起こす原因になります。子どもは暗闇を怖がり、どうしても照明をつけていたり、起きている親の近くで寝かせることもありますが、その光が子供の脳に影響を及ぼしてしまうことがあるのです。

 

さらに、腺細胞から分泌される成長ホルモンにも影響を及ぼし、成長や発達に何らかの影響をもたらすことも考えられます。

 

子どものうちから早寝早起きのリズムを維持することはとても大切です。