時差ボケによる不眠

時差ボケによる不眠

時差ボケによる不眠

海外旅行をされた方や、出張で海外に出た方の場合、『時差ボケ』が不眠につながることがあります。アジア圏であればほぼ時差ボケもありませんが、10時間以上のフライトともなると、時差ボケもひどくなり、そこから不眠になることがあります。

 

時差ボケというのは、具体的には人の体内時計がくるっている状態です。体は夜のつもり、現実は朝、といったように実際の時間とのずれが出ることがあります。

 

このような時差ボケ、体内時計がくずれている場合においても、サプリメントは役立ちます。とくに、『セロトニン』を含むタイプが効果的です。

 

セロトニンを含むサプリメントを服用することで体内時計が正常状態に向かっていき、自然な回復を見込めます。