不眠の種類C熟眠障害

不眠の種類C熟眠障害

不眠の種類C熟眠障害

熟眠感欠如とも呼ばれる『熟眠障害』も、睡眠障害の一種です。これは簡単に言うと、眠りが浅い状態の不眠症状です。

 

たとえば、8時間など十分な睡眠時間を確保しているにもかかわらず、寝た気がしない・疲労がとれないなどの症状を感じる状態が熟眠障害です。熟睡感がなく眠りが浅いため、疲れを引きずってしまうのです。

 

もっとも、熟眠障害においては精神的な原因が強いとされている不眠の種類であり、「うつ病」といった精神疾患リスクを高めてしまいます。症状が慢性化する前に、対策が必要となります。

 

寝る前に飲む不眠解消向けのサプリメントなどを利用すると、良質な睡眠をとりやすくなり、熟睡感を得ることにつながります。他にも、体をポカポカに温めたりリラックスするなどの方法も不眠解消に有効です。