突発性疾患と不眠の関連性

突発性疾患と不眠の関連性

突発性疾患と不眠の関連性

突発性疾患から不眠の症状を引き起こすことがあります。不眠症はいずれもそうですが、この場合はとくに日常生活や仕事に対して影響を及ぼすことがあります。

 

とある例をあげると、仕事中に強い眠気に襲われて仕事に集中できない方がいました。その日とは症状に悩み、十分な睡眠時間を設けても変わりがなく、神経内科や耳鼻科などで診察を受けても原因不明とされたそうです。最終的に判明した診断名こそが、突発性過眠症という突発性疾患でした。

 

突発性疾患からくる不眠については、寝ているつもりでも脳が覚醒している状態にあることが多く、熟睡を味わうことができません。
脳の機能にトラブルが起きていることから、脳神経伝達物質に着目してみましょう。

 

脳神経伝達物質にもいろいろと種類がありますが、ここでは眠りに関わる「セロトニン」の働きに注目。
サプリメントでもセロトニンを助けるタイプが充実しているので、それを試してみてください。