精神障害が原因の不眠

精神障害が原因の不眠

精神障害が原因の不眠

現代では、不眠症は国民病とも呼ばれるように多くの方が訴える症状となっています。同時に、ストレスを感じたり、うつ病を発症している人も増加傾向にあるとのことです。これらに、関連性があります。

 

以前から知られていることですが、ストレスやイライラすることは不眠につながる要因と言えます。ストレスあるいはイライラしていると脳が興奮し、それを鎮められず不眠になってしまうのです。

 

また、最初は軽い不眠が、うつ病など深刻な精神疾患へとつながる恐れもあります。早期に改善することにデメリットはありません。

 

今まさに不眠という方は生活習慣の改善とともに、サプリメントを活用し、不眠の解消をはかりましょう。また、うつ病と診断され薬物療法中の方でも利用できるサプリメントはあります。お医者さんとも相談し、根本的に改善していけるように不眠解消策を考えてみましょう。