適応性不眠とは?

適応性不眠とは?

適応性不眠とは?

『適応性不眠』という言葉を聞いたことはありますか?不眠には原因タイプがいくつかありますが、適応性不眠というのは”ストレス”が影響し起こる不眠の症状を指します。

 

症状としては、

  • なかなか寝付けない
  • 眠りが浅い
  • 朝早く目が覚める

など、入眠障害、熟睡障害、途中覚醒、早朝覚醒とあらゆる睡眠障害があらわれます。

 

ただし、適応性不眠においては、ある特徴があります。

 

『日中に眠気に襲われる』『仕事中に眠気がきてしまう』

など、翌日の日中に影響をもたらし、日常生活に支障が出やすいところが特長です。

 

また、不眠の症状以外にも、疲労感や倦怠感、だるさ、気力がない、不安感、焦燥感、頭痛目の痛みなどの症状が伴うことがあります。

 

適応性不眠という言葉から病名と思われますが、これは病気ではありません。主にストレスが原因になっていることが判明しているため、ストレスとの付き合い方を見直すことが改善につながります。

 

趣味を楽しむなどストレス発散に加え、サプリメントも利用していくと、より不眠解消への近道になります。